病気のこどもの総合ケアネット NPO法人イーマド

  • ニュース
  • 概要
  • 事業
  • 会員
  • #8000
  • 難病の会 おしゃべり広場
  • 出版物
  • お問い合わせ






  • 小笠原と手をつなごうホームページ

#(シャープ)8000とは

#8000とは、こどもの急な病気が考えられた場合の相談窓口です。
(e-MADOが行う#8000事業の概要についてはこちらをご覧ください。)
長野県小児救急電話相談について

※ 県外よりご利用の方へ ※

症状への対処方法などの相談は受けられますが、受診する医療機関等のご案内は出来ませんのでご了承ください。気になる症状から看病のポイントが分かる「 ON LINE QQ こどもの救急 」サイトがありますのであわせてご覧ください。

こどもの救急
おかあさんのための救急&予防サイト

相談窓口 #8000 (#を押して、続けて8000を押します)
#8000でつながらない場合(アナログ回線・IP電話の場合)は、下記の電話番号へおかけ下さい。
《 電話番号 》 0263−34−8000
時間外の相談 #8000の電話相談は午後11時で終了いたします。

休日・夜間緊急医案内サービスがございます。
《 電話番号 》 0570-088199
※自動音声応答です。
※メモのご用意があると便利です。
※ファックスでも情報が取り出せます
相談員について 講習を受けた複数の看護師/助産師
複数の小児科医・薬剤師が後方支援をしています。
相談料 無料です
場所 長野県内全域
県境付近ではつながらない場合があります。
この場合 0263−34−8000へおかけ下さい。
相談内容 あくまで病気に関する相談とそれに対する助言で、診断や治療を行っているわけではありませんのでご注意ください。
相談内容によっては小児科医が電話で対応することがあります。
相談に際して 相談員には、落ち着いてお子様の年齢、性別、相談者の続柄、電話をしている地域、必要なら連絡用電話番号をお伝え下さい。
大きなやけどなど、一刻も早く病院への救急搬送が必要とされる例などは相談対象になりません。
相談件数

長野県の事業はNPO法人 e-MADOが受託、運用し、
2009年度4,270件
2010年度4,417件
2011年度4,935件
2012年度5,492件
2013年度4,820件の相談が寄せられました。